アラフォーの私たち夫婦は、現在『妊活』をしています。

 
前回は41歳の妻が初めて妊娠兆候をみせたのですが、結果として化学流産になってしまい、とてもつらい思いでしばらく立ち直れなかったことについてお伝えしました。

初めての妊娠はつらい化学流産・・・。その症状とは?

 
 
今回は、そんなつらい体験をして沈み込んでいた気持ちを少しでも癒してくれた「本」をご紹介します。

『ぽかぽか子宮のつくり方』

「化学流産」は人間の体にとって正常な働きなので仕方のない流産です。

でも、女性にとっては”妊娠した”という事実は、その”仕方のない流産”だったという現実以上に割り切れないものだったのでしょうね。

 
しばらくはその深い心の傷が体に大きく現れました。
基礎体温がバラバラで、2ヶ月以上生理が来ない周期が2回も続いたのです。

初めての妊娠はつらい化学流産・・・。その症状とは?

 
 
でも、いつまでもそのような現実を引っ張り続けるわけにもいかない。
私としては妻に早く元気になってもらいたいし、次に向けて頑張ってほしかった。

 
そんなことから私は少しでも妊活に関係する本を色々探してみました。
そして色々探して自分なりに読んでいたところ、とても「心が暖かくなる本」を見つけることが出来たんです。

それが、『ぽかぽか子宮のつくり方』でした。

『ぽかぽか子宮のつくり方』の内容と感想


私は本のタイトルも気になったですが内容も男性の私から読んでもみても読みやすく、何よりとても”優しい”感覚が伝わってくる本でした。

 
『ぽかぽか子宮のつくり方』は文字通り、女性がお産をするときに重要な「子宮」について書かれてあります。

 
こちらの本がなぜ”優しいな”と感じたのか?

それは「子宮」を女性の内臓の一部としての「構造や働き」などについて重点的に書かれているのではなく、どちらかと言うと「心や感情」という視点で子宮の存在を伝えているからではないでしょうか?

 
あなたは「心と体」が一体的なものである、と言われているのを聞いたことはありませんか?

 
考えてみれば妻が化学流産した後、基礎体温が著しく不安定になり生理も2ヶ月来ないということが2周期続いたことを考えてると「心と体」は確かに一体的なものであるということに共感できますね

 
●子宮は感情の臓器

●子宮はネガティブな感情を溜めるやすい

●心も体も閉じているとき体はこわばって緊張している

●自分なんてどうでもいいと感じる、価値が見い出せないとき子宮は冷えている

●体と心が温まってくると、月経のリズムも次第に整ってくる

 
などなど、心が体に及ぼす影響を視点とした見方がたくさん書いてあります。

また、少しスピリチュアルなことや昔の人達の月経に対する考え方なども伝える内容もありましたが、とても腑に落ちる内容だったので、男性ながら

 
”へェ~、そうなんだ~”

 
と思いました。

 
もちろん、「子宮」を温めるにはどうしたらいいのか?という方法もたくさん書いてありますので、例をあげますね。

 
●食事や運動といった一般的な方法

●「腹巻」「ふんどし」「布ナプキン」を使うといった衣類関係

●「チャクラ」「オーラ」などスピリチュアルな方法

 
など様々な方法を伝えくれました。

 
何回も言いますが、男性の私から読んでもとても読みやすいです。

感覚的なことなのですが、本全体から”優しさ”が何回も読むたびに気づきを与えてもらうことができました。

妻に『ぽかぽか子宮のつくり方』を読ませた感想

妻にこの本を読ませると、やはり私と同じような感想を持ってくれました。妻はこの本を読んで泣いてしまったそうです。

もちろん、流産というつらい経験をした後だということもありました。
でも、この本を読んで

 
”私はどれだけ自分のことを大切にしていなかったのか?”
 

ということに気づき、母親1人で育てられてきた過程で受けてきた軽い虐待の中から出来た気持ち・・・

 
”本当に子どもを産んでいいのだろうか?”

 
という裏側の気持ちを私に話してくれました。

※詳しくはこちらに書いてあります
アラフォーからの妊活!まずは妊娠するための体づくりが大事です。

 
 
そして、この本を読んでから「心」を含め自分自身をもっと大事にしようと思い、子宮を意識しながら温めていこうと決めたのです。

 
私たち夫婦は『ぽかぽか子宮のつくり方』でとても心が温かくなったと感じています。そして何より「心と体はつながっているんだな」ということに気づかされました。

この本を見つけれたことに、とても感謝しています。

 
 
私たち夫婦のようになかなか妊娠できない・妊活でとてもつかれている、そして流産などつらい経験をしているあなたに、ぜひ  『女性ホルモンを整えて幸せになる! ぽかぽか子宮のつくり方』 1回は読んでみてみてほしい1冊だと思います。