(※この記事は2017年11月の出来事です)

私達夫婦は、現在アラフォー妊活中です。

 
前回は、どの不妊治療専門の病院に行くか?についてお伝えしました。

こんな病院はダメ!!アラフォーからの不妊治療専門の病院探し。

 
 
どのクリニックに通うかインターネットで調べた結果、通えそうな範囲で1番口コミが良く、”妊活を卒業する”(つまり妊娠する)人が多いと言われている埼玉県のS市にあるクリニックに決めたのです。

 
今回は、そのクリニックの初診を受けた内容や様子、検査結果などをお伝えしていきます。

本格的な不妊治療専門のクリニックに通う前の妻の気持ち

妻にとっては、本格的に不妊治療専門のクリニックに通い始めます。

その時の気持ちは、

 
「口コミをみてここしかない!」

「怖い・・・、卵巣嚢腫もあるから断られるかもしれない・・・」

「年齢的なことを言われたらどうしよう・・・」

 
という期待と不安が入り混じっていたみたいです。どちらかと言うと不安だらけでしたが・・・。

でも、このクリニックや不妊治療にかける思いはすごかったですね。

私が不妊治療専門のクリニックに行ってみて思ったこと

初診は私も一緒に付き添いでいきました。

 
実際、クリニックに行ってみると・・・

すごい、人!!

写真だけではお伝えきれませんが、すごく混んでいるときは院内だけでは人が入り切れず外の階段まで並んで待っているらしいです(汗)

 
でも、これだけ不妊に困っている人がいるということなんですね・・・。

私の世代のおばあちゃんは子供を10人産むというのも珍しくない時代だったのに、いつからこんな事になったのだろうと、男ながらしみじみ感じました。

初診の検査結果と感想

診察室に呼ばれるまで1時間半ぐらい待ちました(これでも早い方で、予約しても混んでいるときは3時間くらい待つそうです。)

 
 
初診では、血液検査とエコーによる子宮と卵巣の検査。

検査結果は、やはり卵巣嚢腫があり左右とも5㎝くらい。
でも、不妊治療をする事は断れられなっかたらしいので安心したみたいです。

 
ただ、先生の説明が早口で、目を合わせず何を言ってるのかわからないし説明が少なかったみたいですね。診察室も乱雑だったみたですし。

 
(実際渡された説明の資料)

この中に今後の治療計画らしきものがあります。

なんだかゴチゴチャしていて・・・

治療の資料をたくさん渡されて、先生の説明が早くじゃ、まったくわかりませんよね・・・。まあ、たくさん患者さんがいるので1人1人に時間はかけられないのはわかりますが・・・。

 
 
資料を渡されて初診の診察は終わりました。
でも看護師さんが優しかったので良かったみたいです。

 
今回は、初心ということでいろんな緊張感や不安がありましたが、とりあえず無事に終わることが出来て一安心です。

 
それにしても、私達も含めみんな不妊で悩んでるんだなと驚いてしまいました。