現在、私達夫婦はアラフォー妊活中です。
妊活は、不妊治療専門の病院だけでなく妊活整体専門の整体院に通っています。

 
 
※妊活専門整体の記事はこちら
⇒『妊活専門整体院『みらい整体院』(高田馬場)に行ってきました。

 
妊活整体専門「みらい整体院」の清水真人先生からは

 
「ファスティングをした方が、妊娠するまでの結果が早いよ!」

 
と言われました。

 
では、なぜ妊活にファスティングがいいのでしょうか?今回は、そのことについてお伝えしていきます。

ファスティングとは?

ファスティングについては、こちらの記事に詳しく書いてあるので読んでみて下さいね。
⇒『ファスティングって何?ダイエットや体質改善に効果的!

3日から始める 断食でからだをリセット  妊活ファスティング

「みらい整体院」の清水先生にはファスティングをすると結果が早いと言われたので、なぜそうなのかを聞いたところ

 
・ファスティングすることで、細胞が10歳若返る

・細胞が若返るということは卵子の質が良くなる

 
とのことでした。
その時は、ファスティングって何だ?ぐらいで知識がまったくなかったので自分でも詳しく調べたりしてみました。

 
そして、みらい整体院に置いたあったこちらの本

『3日から始める 断食でからだをリセット 妊活ファスティング 』を買って読んでみたのです。

卵子は年齢とともに減少し、質が悪くなってくる

『3日から始める 断食でからだをリセット  妊活ファスティング』によると、人間の細胞は新陳代謝により古い細胞は捨てられ、新しい細胞に産まれ変わるらしいです。

しかし、卵子は例外。
卵子の細胞は産まれたときから数が決まっていて、歳をとるごとにその数が減少しいくのです。

 
産まれてきたときは200万個あった卵子も思春期には50万個まで減ってしまい、この50万個がどれくらいの割合で、んれくらい若さある元気な卵子があるかによっても妊娠成功率が変わってくるそうです。

もちろん、加齢によって卵子も老化していくので少しでも若いときほど妊娠する確率が高いのは避けられない事実ですよね。

では、卵子も減る、質も悪くなってくるという現実に高齢で妊娠率を高めるにはどうしたらいいか?と言ったら
ミトコンドリアを増やすことがカギになってきます。

なぜミトコンドリア増やすことが卵子の質を良くするカギになるのか?

ミトコンドリアは、人間の細胞内でエネルギーをつくっている細胞内小器官のこと。
難しことは省略しますが、このミトコンドリアは細胞のエネルギー工場の役割をしています。

 
普通の細胞にはミトコンドリアが数百個しか含まれていないのですが、エネルギーをたくさん消費するような脳や心臓の細胞には、ミトコンドリアが数千個あるといわれているそうです。

 
そして女性の生殖細胞である卵子は特にミトコンドリアの数が多く、卵子1つあたりのミトコンドリアの数は、なんと10万個!
排卵から受精、発育までの爆発的なエネルギーを必要とする卵子にはミトコンドリアも相当数が必要となるわけです。

 
つまり、卵子の中にエネルギー工場ががたくさんあればそのぶん卵子は元気に働けるようになるのです。

工場のエネルギー効率が上がれば、さらに卵子は元気に働ける!そして、卵子も元気いっぱり若返る!
受精した卵子が細胞分裂するパワーも出てくるというものです。

ミトコンドリアを増やすには空腹になること

では、その重要なミトコンドリアを増やすにはどうすればいいでしょうか?

 
そうファスティングをすることです。

 
ミトコンドリアは、「エネルギー工場」だとお伝えしましたが、体がエネルギーを必要とした時に活発に働き始めます。
つまり、体がエネルギーを必要とする状況をつくればいいわけですよね?

 
その「体がエネルギーを必要とする状況」とは「空腹」になること。

空腹になると体はもっとエネルギーをつくらなければと思って、ミトコンドリアを増やしてエネルギーを造ろうとします。

特に、脂肪がエネルギー源として利用される時、ミトコンドリアどんどん新生してくれるのです。

ファスティングがミトコンドリアを増やす

ここで、結論です。
ミトコンドリアを増やすには空腹になること。

空腹になるためにはファスティング(断食)をすることがとても効率がいいということです。

 
ファスティングは断食といっても完全に飲み食いをやめるのではなく、「酵素ドリンク」を使用するのですごい辛いといった状況にはなりませんよ。

 
 
※詳しくはこちらの記事に書いてあります
⇒『ファスティングって何?ダイエットや体質改善に効果的!

 
ファスティングをすれば、すぐに血液中の糖分を使い切ることが出来ます。
そして糖分を使いきると、脂肪がエネルギー減として使われます。脂肪が燃えればミトコンドリアが増えます。

 
ファスティングを開始 ⇒ 糖分を使い切る ⇒ 脂肪がエネルギゲンとして利用 ⇒ ミトコンドリアが増え活性化する⇒細胞が若返り卵子細胞の質が上がる

 
というサイクルになります。

おまけに、脂肪が燃焼されるのでダイエットが期待できますよね( ´艸`)

 
ミトコンドリアを増やす方法としては、体に負荷をかけること。つまり少しだけ体にストレスをかけてあげることが大切になってきます。

人工授精や体外受精だけが不妊治療ではない

今回、ご紹介した『3日から始める 断食でからだをリセット 妊活ファスティング』

たまたま「みらい整体院」に置いてあったのを見かけて気になって買ってみましたが、ファスティングの方法だけでなく、次のような事も書いてあります。

・ファスティングが終わった後どうしたらいいのか?

・不妊症の方が妊活をするうえで体の体質を改善する大切さや体質改善をする方法

・妊活をするためにの心の改善方法

 
ある意味、ファスティングという方法論以上に大切なことがしっかりと書いてあるので、現在アラフォーで不妊治療している妻にもとてもためになっています。

 
あなたは、

 
不妊治療=病院で人工授精や体外受精をすること

 
だと思っていませんでしょうか?

でも、そうで私の考えはそうではない。
まずは、体質改善して妊娠しやすい体づくりをすることも立派な「不妊治療」であり「妊活」だと思っています。

 
本のなかでご紹介しているファスティングをするかどうかは個人の自由です。
なぜなら、ファスティングはしっかりと指導資格を持っている方の指導を受けながら行わないと危険であり、費用もかかるからです。

しかし、あなたはこんなつらい思いをして悩んでいませんか?

 
・現在、不妊治療中でなかなか結果がでない

・妊活に疲れてしまって、ストレスがたまっている

アラフォーからの妊活!まずは妊娠するための体づくりが大事です。
このような思いをしているあなたにこの本は、『体質改善』という面から助けになってくれる強い味方になってくれるので、ぜひ読んでみて下さい。

 
妻は、みらい整体院の清水先生にファスティングをすすめられて、ファスティングをする決心をしました。
もちろん清水先生はファスティング指導の資格をもっているので、その指導の元に行ったのですが、この『3日から始める 断食でからだをリセット  妊活ファスティング』も参考にしながら行いました。

 
では、実際ファスティングを行ってどうっだのか?次回から妻のファスティング実践記をお伝えしていきます。

 
 
※次回 ⇒ 『妊活中の妻のファスティング実践記(準備食1日目)