前回の記事で、妊活には「ファスティング」がとても効果的であることをお伝えしました。

 
 
※妊活ファスティングの記事はこちら
⇒『なぜ、『ファスティング』が妊活にいいのか?その理由を教えます。

 
妻は、アラフォーで妊活中です。
不妊治療専門病院にも通院していますが、色々検査をした結果では不利な条件がそろっていました。

 
・卵巣嚢腫

・高プロラクチン血症

・黄体機能不全

 
この状態で人工授精体外受精をしても成功する確率は低いと思います。

そこで、1つの決断をしました。

 
「まず、体質を改善することに専念する」

 
ということ。

 
病院はしばらくの間、検査を目的として通うこにし、まずは体質改善の第一歩としてファスティングをすることに決めたのです。

今回は、そのファスティングの準備食についてお伝えしていきます。

ファスティングをはしっかりと指導を受けないと危険

ファスティングを行う場合は、ファスティングマイスターと言われるファスティングを指導できる資格を持った方の指導を受けないと非常に危険です。

 
妻は通っていた妊活整体専門である「みらい整体院」の清水真人先生から指導を受うけて行うことにしました。

 
 
※みらい整体院の記事はこちら
⇒『妊活専門整体院『みらい整体院』(高田馬場)に行ってきました。

ファスティングに必要なもの

今回使用した酵素はこちら

KALAは市販されていません。
特定のファスティングマイスターしか取り扱っていない酵素となります。

酵素は特にKALAでなくてもいいのですが、KARAが1番デトックス効果があるので今回はこちらを使用することにしました。
(ちなみに、市販の酵素を使用するときはしっかりと良質の酵素を使わなければ効果が半減してしまうみたいです。)

 
他に、補助としてこちら

アミノマキアというファスティング専用のアミノ酸。
こちらは特に使わなくても大丈夫らしいのですが、これを飲んだほうがファスティングが楽になるとのこと。

しかし、今回は使わないことにしました。

準備食1日目のアドバイス

・カフェインや砂糖は食べないように

マゴワヤサシイを基本とした和食を食べる

・パン、うどん、小麦を使った食品はNG

・できるだけ発行発酵食品を意識する

準備食(1日目)の食事

・サラダ(アマニ油をかけたもの)

・のりもち1枚

・みかん1個

 
(昼)
・サラダ(アマニ油をかけたもの)

・ごはん茶碗半分

・納豆

 
(夜)⇒ 外食
・茶豆

・冷ややっこ

・ごはん茶碗半分

準備食(1日目)の感想

特につらいことはなし。
ただ、外食だとアルコールの入っている醤油だったりするのでファスティングをするなら外食は行かない方がいいかなと思った。

 
次回は、準備食2日目についてお伝えします。
⇒ 『妊活中の妻のファスティング実践記(準備食2日目)