妊活には「ファスティング」がとても効果的であることをお伝えしております。

なぜ、『ファスティング』が妊活にいいのか?その理由を教えます。

 
 
私たち夫婦は、アラフォーで妊活中です。
不妊専門の病院にも通っていましたが、すぐに人工授精体外受精をするのではなく

 
「体質改善をして妊娠しやすいづくりに専念する」

 
と決心し、その最初としてファスティングを始めたのです。

ファスティングは準備期間として2日間の準備食を行いました。

妊活中の妻のファスティング実践記(準備食1日目)

妊活中の妻のファスティング実践記(準備食2日目)

 
 
準備食は普段の食事量の6割減程度に抑えます。
そうしないと、ファスティング本番になったときにつらくなるみたいです。

 
そして、いよいよファスティングの本番開始!

ファスティング期間は5日間。その間は「酵素ドリンク」と水分を2ℓ以上飲み、体のデットクスを行います。

妊活中の妻のファスティング実践記(ファスティング1日目)

妊活中の妻のファスティング実践記(ファスティング2日目)

妊活中の妻のファスティング実践記(ファスティング3日目)

妊活中の妻のファスティング実践記(ファスティング4日目)

妊活中の妻のファスティング実践記(ファスティング5日目)

 
 
最後の後食期間は、食事を気をつけなければいけません。

ファスティングにより胃のなかに何も入らない状態が何日も続くので、いきなり普段食べているものを食べてしまうと胃腸に負担がかかりすぎてしまうのです。

回復食としてお粥をさらにうすくした「重湯」などから食べていき、少しずつ胃腸を慣らしていくのです。

 
 
今回は、妻が後食期間1日目において

 
●ファスティングマイスターから受けたアドバイス

●実際に食べた回復食

●感想

 
をお伝えしていきます。

回復食(1日目)にファスティングマイスターから受けたアドバイス

●回復食である2日間は、なるべく消化に負担をかけないようなメニューにすること。

●3~7日目は基本的に「マゴワヤサシイ」から魚を抜いたマゴワヤサシイをベースにしたメニューにすること。
また、3日間お粥は飽きるので、3日目からはお蕎麦を食べても良い。

●8日目以降はマゴワヤサシイをベースにした食事を維持できると良い。

回復食(1日目)の食事

●朝
・スッキリ大根

●昼
・冷やしトマト
・茶豆

●夜
・すりおろしりんご
・スッキリ大根の残り
・ス大根のすりおろし

回復食(1日目)の感想

食べたほうが頭がさえるし、力が出る!
岩盤浴に行ったが、ちょっとふらついてしまった・・・。